専門業者なら極力コストをかけずに風俗のHP制作をすることが可能

SITEMAP
Adult Website Design

風俗のHP制作のコストとジレンマ

パソコンとコーヒー

HPを持たずに風俗店を営業するということは、すでに不可能になっていると言っていいでしょう。風俗店を探すのに、インターネットやスマートフォンを利用することが当たりまえになっているからです。もちろん、まだ雑誌などの紙の広告媒体もかなり出まわっていますが、インターネットと紙媒体の重要性を比べてみれば、インターネットの比重が年々高くなっていくことに、ほとんど疑問の余地は無いでしょう。
風俗店のHPを見ればわかりますが、プロが制作していることはあきらかにわかるHPばかりです。自前でのHP制作をするには、よっぽどのスキルがないと太刀打ちできないといえます。太刀打ちできるようなHP制作を外注にすればそれなりのコストが掛かることは間違いありません。コストをかけたくないが、コストをかけないと他店との競争に勝てないというジレンマがあるのです。いくらHP制作にコストがかかったとしても、そのコスト以上のHP効果が生まれているのであれば、いくらでもコストをかけることができますが、果たしてそれだけの効果があるのかどうかはSEO対策などもしなければ簡単ではありません。仕方のないこととは言え、かなりのコストを覚悟すべきでしょう。

まずはターゲットをしぼる

風俗店のHP制作をして立ち上げるにあたって、まずはターゲットを絞ることが1番になってくると思います。もちろん、トップページで基本的な情報は絶対に必要になってきます。そして、そのトップページにおいてもデザインやアクセシビリティーも重要になってきます。ビジネスマンをターゲットにしたようなせる風俗であればデザインはスマートの方が良いと思いますし、逆にシニア層を狙ったような性風俗の業界であれば、HP制作の際にはスマートなデザインよりも見やすさを重視したデザインやフォントの大きさを意識した方が良いと思います。
また最近では動画の再生やバーチャルリアリティーの動画のリンクなども盛んになっていますが、高齢者対象のサイトではあまり意味がないと思います。逆に静止画だけの方が良い場合もあるでしょう。そして、どのようなターゲットであっても、重要なコンテンツはサービスをほどこしてしてくれる女性の情報です。トップページの基本情報以外に所属する女性の情報以外はほとんど見ないユーザーも多いのではないでしょうか。
HP制作をするときは、画像、プロフィール、コメントなどあまりしつこくないレベルでこだわって掲出した方がユーザーには効果が大きいのではないかと思います。

風俗HP動画は体験者目線を採用

風俗店はそれぞれ微妙に違った特徴があるので、HPで魅力を伝えたいのですが、動画はどんな風に利用をしているでしょうか。風俗店で動画を採用しているお店と、していないお店に明確に別れます。従来の風俗店での動画は、衣服を着た状態の女の子を撮影して、紹介するにとどまっていた傾向がありませんでしたか。
風俗のHP制作で、動画を使って一層効果的な宣伝をするなら、従来とは違った映像も検討してみるべきです。
たとえば風俗でどんなシチュエーションで、どんな場所で、どんな感じでプレイに突入するかは重要なことですが、それを、男目線の映像で紹介することができますので、HP制作のときは意識しておくといいでしょう。それはグラビアアイドルの動画を思い浮かべてみると、撮影しやすいかもしれません。動画投稿サイトなどでグラビアアイドルの動画はすぐに見ることができます。
利用客が自分の目線で女の子を眺めているような展開です。風俗VR映像というわけじゃなくても、カメラは男性視点を意識します。撮影場所は実際に利用することになる風俗店の室内、ホテルの一室など考えられます。撮影内容は実際のプレイに突入する必要もないですが、部屋に入ってこれからいよいよ始まるところまで撮影してあったほうが、こんな世界に入り込みたい気持ちを高めることができそうです。HP制作は文字や画像がメインですが、動画という要素も忘れてはなりません。

Update Article

Post List